コンボドルイドのデッキガイド - すべ半Hearthstone

コンボドルイドのデッキガイド

      2016/04/25


※この記事は《自然の援軍》などが弱体化する前に書かれた記事です。
現在は《自然の援軍》《獰猛な咆哮》の14点コンボが無くなりました。ご注意下さい。

TGTにて優良カードが追加され、安定度が増した現環境最強クラスのデッキです。
今月はこのデッキでレジェンダリーになりました。

参考デッキレシピ(画像クリックで大きくなります。)
pld
・マリガン
必ずキープ
Innervate,Wild Growth,Darnassus Aspirant,Shade of Naxxramas
ただしInnervateが2枚ある場合は1枚交換しても構いません。
Wild Growthも2枚必要ないと感じたなら1枚交換しましょう。
Wild Growth,Darnassus Aspirantがあるなら4マナミニオンをキープしましょう。更に5マナミニオンをキープしても構いません。
例:Wild Growth + Piloted Shredder + Druid of the Claw

ドルイド/プリースト/ローグ/ウォリアー相手
Piloted Shredder

ハンター/メイジ/パラディン/シャーマン相手
Living Roots,Wrath,Keeper of the Grove

ハンター/メイジ/パラディン/ウォーロック相手
Keeper of the Grove

ハンター/パラディン相手
Swipe

ハンターが相手で先攻だった場合、交換しても構いません。
対戦相手がウォーロックで、デッキタイプがZooの場合はキープ。

ドルイド相手
Darnassus Aspirantを破壊するためにWrathをキープしても構いません。

ローグ相手
Dr. Boom,Loatheb

・コンボ
Force of Nature + Savage Roar = 9マナ14ダメージ
上記 + Living Roots = 10マナ16ダメージ
Force of Nature + Savage Roar + Innervate + Savage Roar = 12マナ22ダメージ
特にLoathebを出した次のターンにコンボを決めるのが強いです。

・新カードの使い方
Living Roots
アグロ相手には1/1ミニオンを2体、ミッドレンジ/コントロール相手には2ダメージとして使います。
Loathebと共に1/1ミニオンを出して、次ターンのコンボに繋げるのも強力。
ヒーローにも使えることを忘れてはいけません!

Darnassus Aspirant
2ターン目にWild GrowthDarnassus Aspirant、どちらを使えば良いのか迷います。
基本的にアグロなどの序盤にミニオンが出てくる相手にはDarnassus Aspirantを出してボードコントロールを優先します。
手札に4マナミニオンを持っていて、相手がコントロールの場合はWild Growthを使います。
手札に2マナ/3マナミニオンがあるようであればDarnassus Aspirantで良いでしょう。

Savage Combatant
ヒロパでの3点ダメージはボードコントロールにおいて非常に強力です。
もちろん相手フェイスにアタックして3点与えるだけでも強いです。
無理に効果を発動させようとして6ターン目に出すようなことはしません。4ターン目にやることが無ければ出してしまいましょう。

・ヒーロー別ひとことアドバイス
ドルイド
VS コンボドルイド
先にInnervate,Wild Growth,Darnassus Aspirantあたりを駆使してミニオンを出してからトーントミニオンで蓋をして、自分ミニオンは相手ヒーローをアタック、対戦相手にはこちらのミニオンを処理させる、という流れが1つの勝ちパターンです。基本的には相手ヒーローのヘルスを圧迫して先にコンボを決めて勝ちましょう。

VS ランプドルイド
トーントが多いのでコンボが決めづらく、苦労します。
ランプドルイドが多い環境であればThe Black Knightをデッキに入れても良いです。

・ハンター
VSフェイスハンター
ひたすら相手の盤面を除去しましょう。フェイスにアタックするのは6ターンから先ぐらいになると思います。
最後はAncient of Loreで自分ヒーローを回復して、Savage Roarを使って場に並んだミニオン全員でアタックして勝ち!
Force of Natureは必要ないのでミニオン除去に使って構いません。

VSミッドレンジハンター
キツい。Freezing Trapを解除するためにForce of Natureをキープしても構いません。できればKeeper of the Groveで解除しましょう。
Druid of the Saberをデッキに入れるのも手です。2マナチャージは魅力的。

・メイジ
VSフリーズメイジ
Keeper of the GroveDoomsayerをサイレンスするのに役立ちます。
Ancient of Loreを回復として使うのも効果的です。
こまめにヒーローパワーを使ってアーマー値を貯めましょう。Alexstraszaからの1ターンキルを防ぐことができます。

VSテンポメイジ
以前までは不利でしたが、Living RootsDarnassus Aspirantがあるので1~2ターン目にミニオンを出せるようになったので今や有利とも思えます。
特にDarnassus AspirantMirror Entityへの回答にもなるので優秀です!
どちらがよりテンポを取れるかにかかっています。Keeper of the Groveで相手ミニオンを破壊するのはもちろん、Innervateを使って序盤から高マナミニオンを出してアドバンテージを稼ぎましょう!

VSメックメイジ
ひたすらメックミニオンを除去しましょう。そのうち相手が息切れします。そこにコンボを叩き込んで勝ち!
…と、うまく行けばいいですが、横に並べてくるデッキなので結構辛いです。
Swipeが欲しくなるマッチアップの1つ。

・パラディン
VSミッドレンジパラディン
ミニオンが横にならび、豊富な回復を持っているため相性が悪いです。
Tirion FordringをサイレンスするのにKeeper of the Groveを1枚残しておきたいですね。
先攻でもSwipeはキープします!

VSシークレットパラディン
5分の組み合わせ。ヘルス1のミニオンがAvengeで強化されてもWrathで破壊できます。
バフされたミニオンにKeeper of the Groveでサイレンスしても良いです。先攻でもSwipeはキープします!

・プリースト
できる限り相手の場のミニオンを除去しましょう。バフされると倒すことが難しく、盤面を取るのが困難になります。
アタック4のミニオンを大切にしましょう。
特に後攻1ターン目のThe Coin + Innervate + Piloted Shredderは非常に強力。
ステルス状態のShade of Naxxramasがある程度育つとLightbomb以外では破壊されません。ひたすら強化してからコンボで勝つのも1つの勝ち筋です。

・ローグ
Sapで高マナミニオンを手札に戻されると辛いです。
Piloted ShredderDr. Boomなど、除去しきれないミニオンを出してヘルスを圧迫し、コンボで倒しましょう。

・シャーマン
TGTに入ってからあまり対戦してません。
できる限り相手の盤面を処理し、コンボで倒しましょう。w

・ウォーロック
VSZoo
横に並ぶ速度が早く、ヘルスが高いミニオンも多いので最も苦手とするマッチアップです。4ターンほどで勝負が決まるときすらあります。
Zooが多い環境であればStarfallAncient of Warを検討して下さい。

VSハンドロック/デーモンロック
Molten Giantが出てこないようヘルスを調整し、コンボで倒しましょう。
Big Game Hunterをキープできれば勝ちやすいです。
慌ててフェイスを殴る必要はありません。ボードをコントロールしましょう。

・ウォリアー
VSパトロン
増えたGrim Patronを処理しきることができれば、勝機があります。
Wrathはヘルス3のGrim Patronを倒すのにも使えます。
5ターン目にパトロンが並ぶとほぼ勝てません。相手が事故るのを期待しましょう(えっ)

VSコントロール
Shield Blockを使われるだけで少し辛い。
Justicar Trueheartから、コンボダメージ以上のアーマーを稼がれると厄介です。
できる限り早い段階でコンボを使って勝ちたいですね。

・カードの入れ替え
Azure DrakeHarrison JonesKezan Mysticなどのメタカードと入れ替えても構いません。

・解説動画


2つの対戦動画を収録しています!
カードを1枚みただけで相手デッキの中身がほとんど分かるようになれば一人前ですo(^▽^)o♪

 - 動画紹介, デッキガイド