毎月レジェンダリーランクに到達するということ - すべ半Hearthstone

毎月レジェンダリーランクに到達するということ

      2016/03/06


「あっ、俺、強くなったな。」
ふとそう思えたとき。
思わず"ニヤッ"としてしまうような、静かな喜びが得られます。

僕はオープンβテストが始まってからずっとこのゲームをしています。
特にドルイドが大好きで、それこそ今年の4月くらいまでは、ほとんどドルイドだけでランクに挑戦していました。
そして今年3月、初めてレジェンダリーランクに到達します。
「ドルイドが弱い環境になったらレジェンダリーになれない月もあるんだろうな」
ドルイドしか使えなかった僕は、ぼんやりと、そう考えていました。

しかし、ドルイドが弱い環境があるにも関わらず、それから毎月、レジェンダリーランクに到達しています。
NAとEUサーバーでレジェンダリーを取ったフェイスパラディンは、僕にとって救世主のようなデッキでしたし、まさか自分がシャーマンを使ってレジェンダリーになる日が来るとは夢にも思いませんでした。
これは明らかな変化です。あれだけドルイドが大好きだった自分が、今、ほとんどドルイドを使っていません。
毎月レジェンダリーを取るための努力など、ここ2~3ヶ月で得られたことなどを、ここに記しておきます。


救世主である、フェイスパラディンからは多くのことを学びました。
アグロデッキのマリガンとトレードの仕方、そしてヒーロー別の対策などです。
これはMechシャーマンを使うための土台になりました。

Mechシャーマンを使うための土台と言えば、テンポメイジも参考になりました。
テンポメイジのマリガンは、基本的にミニオンが優先。
1,2マナミニオンが居なければ、スペルカードはマリガンで戻します。
これはMechシャーマンにも同じことが言えます。

「Mechシャーマンのマリガンは、テンポメイジと似ている。」

使ったことがないデッキでも、すぐに使い方や、マリガンがわかる。
様々なデッキを使って得た知識を、他のデッキにも適用させることができる。
また、いつもだったら「ちょっとカジュアルで練習しよ」なんて言ってましたが
Mechシャーマンはすぐランクに行くことが出来ました。

というか、そもそも「カジュアルで練習しよう」なんてこと、考えもしませんでした。

日本の上位プレイヤーであるkoronekoさんやcrossさんは、どのデッキを使っても一流です。
使えないデッキなんか無いんじゃないか、と思わせるぐらい、どのデッキも使いこなします。
JCGのプロリーグを2連覇したcivilaさんは、9ヒーロー全てがゴールデンになっています。
モノスゴク強いのも、頷けますね。

様々なデッキを使えるということは、それらのデッキの勝ち方や負け方を知っているということです。
デッキやヒーローの知識がズバ抜けているから、読みも深い。
「このデッキを使って、あのデッキと対戦するとき、こうすれば勝てる」
というハッキリとしたプランを持っているからこそ、上位プレイヤーになれるのです。

話が少しそれてしまいましたが、毎月レジェンダリーになる、ということについて。
1つのデッキを使い込むのはもちろん良いことです。スペシャリストになって、ランクを駆け上がるのも良いでしょう。
しかし、そのデッキ自体が環境に合っていない場合は?環境に合うように、カードを入れ替えるしか無いですね。苦しい戦いは多少マシになるかもしれませんが、勝ち続けるのは難しいでしょう。
勝てないと、つまんない。ハースストーンから離れてしまう原因になりかねません。
様々なデッキを使える場合、デッキごと変えることが出来ます。
僕の場合、2コンボドルイドが環境にあっていないと感じたので、フェイスパラディンやMechシャーマンを使ってレジェンダリーランクに到達しました。
使えるデッキが多いほどあなたの武器になり、大会でもデッキの選択肢が増えます。
伸び悩んでいる人は、TGTの発売を機に、様々なデッキを試してみてはいかがでしょうか。

 - 日記