相手が使ったカードを覚えておこう

      2016/04/20

Pocket

強くなる為に必要な事、それは…!

今回のテーマは、2つあります。
まずは…こちら!

「相手が使ったカードを覚える事の重要性」

初心者向けに書くつもりが、またもや難しい話題になってしまいました。
これはランク4への道の続きみたいなものですね。w
そして2つめのテーマは…こちら!

「自分のデッキに残っているカードを考える事の重要性」

です!

当たり前の話ですが、自分の手札とデッキに入っているカードや、相手のデッキタイプによってプレイングは異なります。

今回は、その中でも特に重要な
『敵ヒーローにアタックするのか、ミニオンを潰すのか』
という問題を、

「相手が使ったカードを覚えておく」
「デッキに残ったカードを考える」

この2つの視点から解決してみたいと思います!
盤面や手札は、なるべく簡単、シンプルにしました。
まずはこちらをご覧ください。(画像クリックで大きくなります。)
pl1.jpg
ヒーロー同士の体力は五分。
相手の盤面には、やっかいなKnife Jugglerが居ます。
こちらの手札はInnervateのみ、対する相手の手札は3枚とします。

さてこの場面。Dr. Boomでどこにアタックするのか?
この問題を解決してみようと思います!


これは今回のテーマとは関係ない話なのですが…注意して欲しい点があります。

それは、「アタック値が高いミニオンは、敵ヒーローにアタック!」
という考えは、ほとんどの場合で間違いであるという事です。

初心者にありがちというか、始めたばかりの頃の僕がそうでした。w
確かに、敵ヒーローの体力を0にする事で勝つ事が出来るゲームなのですが…ぐっと我慢しましょう。

それでは本題に戻って、まずは「対戦相手が使ったカードを覚えておく」という事について説明します!
この場面で考えなければならないのは、
相手が何枚、焼きスペルを使ったのか?です。

特に覚えておかなければならないのは、Fireballを使った枚数です。
余裕があればFrostboltを使った枚数も覚えておきましょう。
なぜ、焼きスペルを使った枚数を知る必要があるのでしょうか?

それは、返しのターンに自分が負けるかどうかを考える必要があるからです。
返しのターン、相手は9マナを持っています。
こちらの体力は12点。
ヒーローパワーを使ってアーマーを付けるとして13点と考えます。
まずは計算をしてみましょう。ここは読み飛ばしてもらっても構いません。


・手札にFireballが2枚ある場合
>合計12点で、Knife Jugglerを倒せば生き残れます。
・手札にFireballFrostboltが1枚ずつある場合
ヒーヒーローパワーと合わせて10点。Jugglerを倒せば生き残ります。
・手札にFireballが1枚とFrostboltが2枚ある場合
>打点はFireballが2枚ある場合と同じなのでJugglerを倒せば生き残れます。


これだけ見ると、Knife Jugglerを倒さなければならないように思えますが、それは少し違います。
つまり、どういうなの事かを説明します。
とりあえず覚えておいた方が良いのは、Fireballを使った枚数です。

・対戦相手がFireballを2枚使っていた場合
>返しのターン自分が死ぬ可能性が少ないので、敵ヒーローを攻撃します。
対戦相手はDr. Boomを倒さないと負けてしまうため、もしFrostboltなどの焼きスペルを持っていたとしても、ヒーローに使わずDr. Boomに対して使う事になるでしょう。それに加え、Dr. Boomを倒すためにKnife Jugglerにアタックさせる可能性も高いです。
ただしPolymorphには注意しましょう。

・対戦相手がFireballを1枚使っていた場合
>このままだと、残りの手札にFrostboltがあれば負けます。
この場合、残ったデッキに何のカードがあるかを考えて、どちらにアタックするのかを考えます。

それではもう一度、今度は対戦相手に
何点のダメージを与えられるのかを計算します。
Dr. Boomでのアタックに加え、ヒーローパワーを使って合計8点。
メイジの残り体力は4になります。

残り体力4という事は、ドルイドの場合1枚のカードで倒す事が可能な数字です。
さらに、SwipeDruid of the Claw(チャージ)Force of Natureと種類も豊富。
おっと?手札を見てみて下さい。Innervateを持っていますね!
という事は、Ancient of Loreで2ドローし、Swipeを引いた場合でも勝利する事が出来ます。

これらのカードがデッキに残っていれば残っているほど、勝つ確率が上がります。
その枚数を数え、僕の場合は勝てるカードを引く確率が大体20%ほどあれば、
敵ヒーローにアタックしています。
もちろん、「引く確率が5%だからミニオン処理。でも次のターンにドローしたカードはForce of Natureだった…」
なんてこともよく有りますので、そこはご注意下さい。w

今回の例は手札差があった為、長引かせても勝てる可能性が低いと判断しましたが、手札が別のカード、もしくはデッキにAncient of Loreなどのドローソースが残っている場合、Knife Jugglerを倒して、さらに勝つという確率を考えなければなりません。
画像の例であれば…そうですね。デッキにAncient of Loreが2枚入っており、更にAntique Healbotも1枚ある、という事であれば、まだ希望はあります。
敵ヒーローorミニオン。
どちらを選択した方が勝つ確率が高いのかを、考えましょう!

ちなみに…
対戦相手がFireballを1枚も使っていない場合
次のターンが来ない可能性が高いです。
普通はKnife Jugglerを処理しますが、相手がFireballを持っていない事を祈って、敵ヒーローにアタック!
…するかどうかは、あなた次第です。w(その場合大体負けます)

いかがでしたでしょうか?
ランク4以上になれるプレイヤーなら、普段からやってる事だと思います。
が、記事にしてみると思っていた以上に複雑で難しくなってしまいました。w
参考になれば幸いです!
ご意見、ご感想はコメントまでお願いしますo(^▽^)o♪

 - オススメ記事