第1回マリガン会議 後編 - すべ半Hearthstone

第1回マリガン会議 後編

      2016/04/20


関連リンク
第1回マリガン会議 前編『アグロドルイドのマリガン』など
第1回マリガン会議 中編『フリーズメイジのマリガン術』など
ルネ「Nanoさんからは何か無いんですか?せっかく居るのに。」

Nano「俺から?みんな喋ってくれたから無いよ。」

天野「ええっw」

ルネ「え~w『お前の意見はちょっと違う』とか特に無いんですかw」

Nano「あ~そうだな~と思って聞いてただけ。俺って基本的にマリガンは手札の組み合わせで変えるから。

とれっど「まぁその都度考えますよね。」

heidrun「そうですよね。」

Nano「基本的にゲームをプレイしながらじゃないと分かんないなぁ。」

とれっど「やってて、この状況ならこれ!みたいなのは確かにあります。」

Nano「ゲームしてて、勝てないなぁと思ったら同じようなデッキをプレイしてる配信を見て、で修正していくって感じ。」

ルネ「ちなみにNanoさんは強気なマリガンをしますか?」

Nano「マリガン…あんまり強気にはいかないかなぁ。基本に忠実って感じ。」

天野「Nanoさんってローグのスペシャリストのイメージがありますけど、どうですか?」


Nano「俺は何でも使うけど、でも一番上手いのはローグかなぁ。」

天野「たしかNA#1レジェンドを獲得してましたよね?」

Nano「いや、ローグは2位。2位から十数連勝しても1位になれなくって…あれは辛かったなぁ。」

ルネ「へ~十数連勝…。」

天野「ローグのマリガンはかなり難しいと思っています。何を基準に変えれば良いんでしょう。」

ルネ「アグロ相手には《Preparation / 段取り》をキープしたりしますよね。」

天野「あ~crossさんかTansokuさんに聞いたことある…あっ、Tansoku…いや何でもないです。」

ルネ(苦笑)

天野「何のために《Preparation / 段取り》が必要なんでしょう?」

ルネ「単純に序盤のテンポを取るため。ミニオン出しながら《Fan of Knives / ナイフの雨》を使ったり、《Eviscerate / 腹裂き》を使ってミニオンを除去したりします。」

とれっど《Preparation / 段取り》をキープしない相手とか居るんですか?」

Nano「先攻だったら残さなくて、後攻だったらキープっていうのが…大体かなぁ。」

天野「後攻ならマストキープですか?」

Nano「後攻だったら大体強い。コインから《Violet Teacher / ヴァイオレット・アイの講師》を出して、《Preparation / 段取り》からスペル使って《Violet Teacher / ヴァイオレット・アイの講師》の効果を2回発動させる…みたいな。」

ルネ「まぁ《Preparation / 段取り》は2枚来たら1枚返しますよね。あとは相手次第かなぁ。例えば《Sprint / 逃げ足》もコントロールウォリアー相手だとキープしますし。先攻だったら残さないかもしれないけど。」

Nano「あ~《Sprint / 逃げ足》は後攻ならマストキープ、というかキープしないと勝てない。

天野「先攻だとキープしないんですか?」

Nano「先攻は…ミニオンを引かないと厳しい。」

ルネ「3マナミニオンとか居たらキープしても良い…かも。」

天野「ローグ対コントロールウォリアーって結構キツいんですよね?」

Nano「3~6ターンでミニオンが1回も出せないような状況だと、無理。ミニオンをテンポよく出せれば全然そんなこと無いんだけど。」

ルネ「オイルローグがキツいのはフェイスハンター。」

Nano「フェイスハンターは確かにキツい…。」

天野「武器とかで処理してたらいつの間にか体力が無くなる…みたいな感じですか。」

ルネ「そうそう。あと《Antique Healbot / 骨董品のヒールロボ》だと間に合わないことが多い。デッキに《Earthen Ring Farseer / 大地の円環の遠見師》が入ってるならまだいけるかな…。3マナでミニオン出しながら回復できるのは強い。」

天野《Deadly Poison / 致死毒》はどうですか?キープしない相手が居たら教えて下さい。」

ルネ「アグロ相手は欲しいけど、ハンター相手にはちょっと怪しい。」

Nano「ハンター相手には要らない。」

天野「えっ!意外です。何でですか?」

ルネ「単純にヘルス削られるのが嫌だから。」

天野「なるほど。《Eviscerate / 腹裂き》とかキープしたほうが良いんですか?」

ルネ「とりあえずは《Backstab / 死角からの一刺し》《SI:7 Agent / SI:7諜報員》、あれば《Earthen Ring Farseer / 大地の円環の遠見師》かな。《Eviscerate / 腹裂き》は~…まぁキープしてもいいか。」

Nano《Backstab / 死角からの一刺し》《SI:7 Agent / SI:7諜報員》はマストキープかな。」

天野《Violet Teacher / ヴァイオレット・アイの講師》はマストキープでは無い?」

ルネ「ん~マナカーブさえ良ければ残すけど、必ずキープするってわけじゃないかな。」


天野「…あっ、TansokuさんがSkypeにポップした。

ルネ「オンラインになってる。」

天野もう大体話し終わっちゃったけど。一応来るかどうか聞いてみよ。」

(個人チャットにて)
天野「おい」

Tansoku「ひ・・ひっ・・・巣・・・すみません!!!!!!!!!!!!」

天野「こい」

Tansoku「はひいいいいいいいい」

天野「あっ、来た。」

Tansoku「もしもし~~~~?すいませ~ん、おはようございます~~~~。」

天野「おはようございます。」

Tansoku「いやもう…完全に忘れてました。

天野「知ってた。」

ルネ「Tansokuさんのマリガン術というのはどんなのですか?」

Tansoku「えっ、これ自分から話すんですか?みんなで話すんじゃなくて?」

ルネ「いや遅れてきたから…みんなでわいわい話してたときなら良かったんだけど。」

天野「もう全部話終わっちゃった。でもヒントを出すと、4マナ以上のカードをキープするっていうのはある程度上級者のテクニックだと思うんですよ。何かあれば教えて下さい。」

Tansoku「ハンドロックには《Big Game Hunter / 大物ハンター》をキープします。」

天野「えっ…そういうのなんだ。」

Tansoku「え~!他に何かあるかな…うーん。」

とれっど「~~~~をキープするとかどうですか。」

天野「えっ?何?」

とれっど《Astral Communion / 星霊交信》をキープするとかどうですか。」

天野「やべえ…Tansokuさんが来てからみんなおかしくなっちゃった。


天野「Tansokuさんの得意なデッキってなんでしたっけ。」

Tansoku「え~、無いかなぁ。なんだろう、ハンター?パラディン相手に《Unleash the Hounds / 猟犬を放て!》をキープするとか。」

天野「それは確かにありますね。」

Tansoku《Knife Juggler / ナイフ・ジャグラー》とどっちか片方はキープしたいですよね。合わせて使うのが強い。あっ、ハンターじゃないですけど、《Emperor Thaurissan / ソーリサン皇帝》をキープするとかどうですか!?」

天野「良いですね。どのデッキで?」

Tansoku「え~っと…大体のデッキでキープします。

天野「めちゃくちゃやなw」

とれっど「分からなくも無いですよw 僕はキープして天野さんとcrossさんに怒られましたからね。ドルイド使ってハンター相手にキープしたら配信(koroneko cup)で怒られました。《Piloted Shredder / 手動操縦のシュレッダー》も返すのかって。」

天野「そうそう。《Piloted Shredder / 手動操縦のシュレッダー》は返したのに《Emperor Thaurissan / ソーリサン皇帝》を残してて。」

とれっど「基本的にハンター相手に《Piloted Shredder / 手動操縦のシュレッダー》キープはありえなくて、それこそ《Freezing Trap / 凍結の罠》の的になる。」

天野「たしか《Innervate / 練気》を持ってたんですよね。」

とれっど「そうそう。《Emperor Thaurissan / ソーリサン皇帝》の場合は《Freezing Trap / 凍結の罠》は関係なくて、トーント(挑発)みたいなもんだし強いな~って。」

天野「そう聞いたら有りな気がする。」

とれっど《Piloted Shredder / 手動操縦のシュレッダー》キープは無いです。《Keeper of the Grove / 木立の番人》《Druid of the Claw / 爪のドルイド》なら有りなんですけど。《Piloted Shredder / 手動操縦のシュレッダー》はトーントが付いてないから駄目。」

Tansoku「あとは《Swipe / なぎ払い》ですよね。みんなキープしますよね?」

天野「ハンター相手?俺はしないけど。」

とれっど「微妙じゃないですか?」

ルネ「僕もキープしないなぁ。」

Tansoku「え~?俺はキープすると思うけど…。」

天野「先攻でも?」

Tansoku「ええ~~~っ。あ、でも、マリガンによるか。手札に余裕があればキープするかも。」

ルネ「同意が得られなくて急にアバウトになってるw」

天野「俺は全然キープしないですね…。」

Tansoku「マジすか?みんなどうなんですか。」

とれっど《Haunted Creeper / 呪われた蜘蛛》を焼けるのは大きいですよね。《Misha / ミーシャ》と一緒に倒せたら気持ちがいい。《Piloted Shredder / 手動操縦のシュレッダー》よりは好きですよ。」

Tansoku「確かに。そうですよね。俺もそうッス!

とれっど「てか《Keeper of the Grove / 木立の番人》が一番欲しいかな。」

Tansoku《Keeper of the Grove / 木立の番人》はみんなキープですか?」

天野「パラディン、ハンター、メイジ相手にはマストキープかな。あとウォーロックか。」

Tansoku「キープします?俺、ハンター相手キープしないですよ。」

天野「え!しないんだ。」

Tansoku「え、だって6ターン目までそんな使わなくないですか?《Savannah Highmane / サバンナ・ハイメイン》をサイレンスする、みたいな。《Knife Juggler / ナイフ・ジャグラー》に使うとかそういうことですか?」

とれっど《Knife Juggler / ナイフ・ジャグラー》倒したり、《Mad Scientist / マッドサイエンティスト》にサイレンスするのに使うかな。」

天野《Mad Scientist / マッドサイエンティスト》は2点ダメージで倒しませんか?俺はハンター相手は倒してます。メイジ相手はサイレンス。ハンター相手は《Mad Scientist / マッドサイエンティスト》で手札に帰っても、それこそ6ターン目に使うことができるし。」

Tansoku「確かに有りかも。」

天野「ハンター相手はマストキープだと思う。」

とれっど「マストかと言うと、怪しいw俺はマナブースト命だから、《Keeper of the Grove / 木立の番人》だけキープとかはしない。」

Tansoku「俺もそうですね。マナブースト系を全力で取りに行く。」

とれっど「もしかして4マナ以上のミニオンをキープするのって天野さんだけなんじゃないですか?みんな返してるw」

天野「えーっ!そんなわけないw」

Tansoku「これって記事になるんですよね?じゃあ俺が遅刻したことナイショにしといて下さいよw適当に俺が「なるほど」とか「みんなどう思います?」って言ったことにしといて下さい。」

天野コイツ…!!

というわけで、第1回マリガン会議はこれで終わりです。
会話の内容を全て書ききったわけでは無いので、収録されなかった話題は第2回マリガン会議の議題にしてみようと思います。
また、第2回は別にメンバーを集めてやりたいと思っています。
いつやるかは未定ですが、お楽しみに!

―amanos

 - オススメ記事