第1回ロウゼブ講座

      2016/03/07

Pocket

Loatheb
バトルクライ:次のターン限定で、対戦相手のSpellマナコストが5増加する
このゲームの中で、5本指に入るのではないかというくらいの強力なミニオン。
しかし、それは正しい使い方をしてこそ強さを発揮します!
使い方を間違えると、ただの5/5ミニオンになってしまいます。
それでは、正しい使いドコロはどこなのでしょうか?
ざっくり一覧にするとこうなります。
・盤面を取りたいとき
・盤面を維持したいとき
・盤面で負けているとき
えっ!?つまり「いつでも良い」って事じゃん!?
そう、他に選択肢がなければ、とりあえずLoathebで良いです。
でも、実際の対戦では手札にSludge BelcherAzure Drakeといった、他の5マナミニオンがある場合もありますよね。
状況に合わせてLoathebを出すことができるよう、Loatheb講座で学んいきましょう!


それでは、盤面の例を見て、Loathebを出すのかどうか、考えていきましょう。
・盤面で負けているとき
loa1.jpg
ドルイドVSZooにおいてよく見かける場面です。
トーントミニオンを出しても良いのですが、一番厄介なのはPower Overwhelmingで有利なトレードをしつつ、ミニオンの展開をしてくることですよね。特にVoid Terrorが出てきた場合、その時点でゲームが決まってしまうこともあります。
ここでもLoathebは有効です。Defender of ArgusDire Wolf Alphaを出されてしまうと有利なトレードを取られてしまいますが、結果的に敵ミニオンを2~3体倒すことになるのであれば、十分な仕事をしていると言えるでしょう。
Imp-losionを防ぐことにもなります。
1つの試合を通して言えることですが、「自分がこのカードを出したとき、相手はどういった行動をするのか?」と考えることが重要です!
今、この場面では良い行動に見えても、試合全体で見るとプレイングミスだった、というのは良くあることです。超簡単な例でいうと、試合の序盤にExecuteを使ってしまうと、その場では良くても、試合の後半に出てくる強力なミニオンに苦しめられて負けるようであれば、Executeを使わず我慢するという選択肢も必要だよ、ということですね。
今回はここまで!ご意見、ご感想はコメント欄までお願いしますo(^▽^)o
第2回 Loatheb講座はこちら。

 - 日記