第1回シャドウバース初心者講座『1:2交換の法則』

      2016/08/11


1:2交換とは?

1枚のカードで相手のフォロワーを2体倒すことを指します。
1枚のカードで、相手のカード2枚を消費させる」ということですね。

例えば相手の場に1/22/2が出ていて、こちらは2/2が攻撃できる状態だとしましょう。
この場合、1/2のフォロワーを攻撃することが1:2交換に繋がります。

121

122

★ワンポイント★

デモンストライクファイターを倒した場合は?

1枚のカードで1体のフォロワーを倒していますよね。
この場合は「1:1交換」と言います。

また、「交換」のことを「トレード」と英語で言う場合もあります。

1:2交換の効果

単純に、フォロワーの価値を高めることに繋がります。
1体のフォロワーで1体だけフォロワーを倒すより、2体倒したほうがお得なのは当然ですよね。
この「フォロワーの価値を高める」ことを「バリューを高める」と言う場合があります。

対戦相手は1:1交換を続け、こちらは1:2交換を続ける。
すると、どうなるのでしょうか?

1:2交換を繰り返すことで、簡単に手札差をつけることができます。

極端な話、毎回1:2交換をしていけば、こちらが10枚使う間に相手は20枚のカードを使うことになります。

シャドウバースはカードを引くことができるカードが少なく、手札が無くなりやすいゲームです。
1:2交換を繰り返し、対戦相手の手札を削っていきましょう!

カードを引くことができるカード」のことを「ドローソース」と呼びます。
ベルエンジェル血の取引は優秀なドローソースです。

C_101021010

★ワンポイント★

先ほど、デモンストライクファイターを倒した場合は「1:1交換」になると説明しました。

2コストのフォロワーを4コストのデモンストライクで倒すのは、少し勿体無いですよね。
それよりも、ダークドラグーン・フォルテのような高コストフォロワーを倒したほうがバリューが高い」と言えるでしょう。

呪文ひとつ使うだけでも「上手な使い方」があるというわけですね!

更にもう一つ、各リーダーの4コストフォロワーには、進化した時にだけ効果を発揮するものがあります。
その中でもドラゴンウォーリアワードローブレイダー鉄槌の僧侶の3枚は1:3交換も狙える強力なカードです。
※画像クリックで詳細に飛びます。

C_100421010

C_100621020

C_100721020

まとめ

  • 自分のフォロワーが場に残るようにして相手のフォロワーを倒し、1:2交換を狙おう!
  • 低コストの呪文で高コストフォロワーを倒す「バリューの高いトレード」を目指そう!
  • 1:3以上の交換ができる強力なカードを有効活用しよう!

追記

ツイッターでこのような質問を頂きました。

相手の盤面に1/12/1が居て、こちらの盤面に1/2が居る場合、どちらを倒せば良いのでしょうか?

なるほど、良い質問ですね!

1-2c

この場合、こちらが例えば2/2のフォロワーを出すのであれば、2/1を倒した方が良いでしょう。
こちらの体力2のフォロワーを守ることができます。

フォロワーを出すことが出来ない場合、1/1を倒します。
こちらの場に残った1/1のフォロワーで、相手の2/1フォロワーを倒せる可能性があります。

状況、手札に応じて、臨機応変に攻撃先を変えることが、上級者への第一歩ですね!

第2回シャドウバース初心者講座『先ドロー&考えるべきこと』
シャドウバース初心者講座:一覧

 - SV初心者講座