第3回シャドウバース初心者講座『デッキに入れるカードの枚数』

      2017/01/12


今回はデッキ構築のお話

シャドウバースは全てのカードを3枚ずつ、デッキに入れることができます。

デッキを構築するにあたって、「どのカードを何枚入れるのか」は上級者でも難しい問題です。
初心者の方はこの記事を参考に、デッキを構築してみてください。

良いプレイングは良いデッキから!自分のデッキを調整をするのも、カードゲームの醍醐味ですo(^▽^)o

デッキに入れるカードの枚数

3枚

  • 単純に強力なカード
  • 優秀な1~4コストのカード

単純に強力なカード

たった1枚で勝敗を分けるような強力なカードは、3枚入れるべきです。

なぜならば、このゲームはデッキが40枚と多く、1~2枚入れても引けないことが多々あるからです。
※僕は「2枚入れているのに5試合やって1回も引けない」ことが多く、動画撮影で苦労しています。

そしてこのゲームの「勝敗をわけるような強力なカード」は「高レアリティのカード」であることが多いです。
例)死の祝福/次元の超越/海底都市王・乙姫/クイーンヴァンパイア

課金したほうが圧倒的に勝ちやすいわけですね。
毎日ミッションをクリアし、半年~1年ほどゲームを続ければ、無課金でも遊ぶことはできます。
課金する=時間を買う」ということを覚えておきましょう。

★ポイント★

サタンなどのコストの高いカードは例外的に枚数が少なくなりがちです。

理由として、高コストカードは試合が進まないと出すことができません。
試合が進む=ドローする枚数も多いということです。
そのため、「デッキに入れる枚数が少なくてもある程度は引きやすい」わけですね。

その他、「手札事故を防ぐ」ということも含まれています。

優秀な1~4コストのカード

シャドウバースは序盤に盤面を取ることができれば、そのまま勝ちに繋がりやすいゲームです。
理由として、優秀な全体除去が限られており、

1ターン目に1コスト、2ターン目に2コスト、3ターン目に3コスト…
と、コストに沿ったフォロワーを出す必要があります。
そのため各ターンまでに引く確率を高めるために3枚入れなければなりません。

例)スカルビースト/歴戦のランサー/ドラゴンナイト・アイラ/鉄槌の僧侶

★ポイント★

竜の託宣漆黒の契約もそれぞれ2ターン目、3ターン目に出したいカードです。
フォロワーに限らず、呪文やアミュレットでも「優秀な1~4コストのカード」に当てはまります。
これらも3枚入れて良いでしょう。

2枚

  • 高コストカード
  • デッキのバランス調整
  • 使う状況が限られるカード

高コストカード

どこから「高コスト」なのかは、デッキタイプによって違ってきます。
おおよその基準ですが、アグロであれば6以上、ミッドレンジであれば7以上、コントロールであれば8以上のカードが「高コスト」として見られると思います。

デッキのバランス調整

まだ試したこと無いカードだから2枚入れてみよう
3ターン目に3コストを出したいから、3コストを少し多めにしよう

などの理由により、「優秀だけど3枚は入らないカード」が2枚入ります。

使う状況が限られるカード

例えばツバキアミュレットを破壊する効果を持つカードなど、特定の状況でないと効果を発揮することができない「メタカード」と呼ばれるものは1枚~2枚しか入らないことが多いです。

メタカードは相手の盤面に依存しますが、軍師の妙策風神など、自分の盤面に依存するカードも1~2枚であることがほとんどです。

その他、研磨の魔法などのフォロワーを強化する呪文カードや、エクスキューションなどのコストが重い単体除去も使う状況が限られるカードなので、1~2枚であることが多いですね。

1枚

  • 強力だが使いづらいカード
  • 特定のマッチアップに勝ちやすくなるカード

強力だが使いづらいカード

効果的に使える状況が限られているカードがこれに当てはまります。
風神は5ターン目までに横に並んでいなければ効果が薄いため、採用枚数が少なくなります。
ではなぜセージコマンダーは3枚採用されているのかと言うと、こちらは攻撃力だけでなく体力が+1される上、横に並べるのは乙姫に任せれば良いからですね。

例)デモンコマンダー・ラウラ/激励の舞
※これらのカードを使うことに特化させたデッキであれば、3枚入ることもありあす。

特定のマッチアップに勝ちやすくなるカード

サタンを入れればコントロール相手に強くなります。
ギルガメッシュガブリエルは最後のひと押しに強く、主にコントロール系のデッキに対して強いです。

ビショップのデッキに守護の陽光を1枚入れればアグロに対して強くなりますし、
エクスキューションフォロワーだけでなくアミュレットも破壊できるニュートラルのカードです。

このように、「普段は引かなくても良いんだけど、特定の状況でだけ役に立つ」といったカードが1枚だけ投入されることが多いですね。

注意

これらはあくまで目安です。

この通りに作れば扱いやすいデッキが完成するので、初心者にはオススメします。
しかし、上級者の使うデッキには扱いづらいカードが3枚入っていることもあります。

デッキ構築は自由です!自分が好きなカードをたくさん入れるも良いことです!
強い人のデッキをコピーするのも良いでしょう。

自分なりのやり方で、シャドウバースを楽しんで下さいo(^▽^)o♪

第4回シャドウバース初心者講座『進化システムとは?』
シャドウバース初心者講座:一覧

 - SV初心者講座