第9回シャドウバース初心者講座『手札交換を学ぼう@ VSミッドレンジ編』 - すべ半Hearthstone

第9回シャドウバース初心者講座『手札交換を学ぼう@ VSミッドレンジ編』

      2016/09/01


手札交換=マリガン

試合が始まったとき、3枚の手札を交換することができます。

この手札交換のことを「マリガン」と呼びます。
元々はゴルフの用語なのですが、カードゲームにおいても日常的に使われています。

この記事では、マリガンの「基準」を書いていきます。
当然、自分が使っているデッキによっては変わる部分があります。

マリガンに正解はありません。自分なりにアレンジしていって下さい!

マリガン基準

VSミッドレンジ

VSアグロとほとんど変わりありません。
参考記事:第8回シャドウバース講座

ただし対戦相手がアグロでは無い分、ある程度高コストのカードを残しやすくなっています。
どのようなカードなのかは、画像の例を参考にして下さい。(画像クリックで詳細に飛びます)

対アグロでは残しにくい、対ミッドレンジ/コントロールでは残せるカード

  • 5-6コストのフォロワー
  • 高コスト単体除去
  • ドローソース

5-6コストのフォロワー

これらは単体で残しても良いが、手札事故に繋がる可能性もあります。
慣れない内は「他の手札が良ければ残す」という風にした方が良いでしょう。

5~6ターン目にはデッキの核とも言えるフォロワーを出すことで、優位に立つことができます。
5ターン目に3コスト+2コストのフォロワーを出すこともできますが、高コストフォロワーを出したほうが今後の展開がよくなることが多いです。

ニュートラルカードであるゴブリンマウントデーモンも強力なカードですね。

C_101541010

C_101241010

高コストの単体除去

これらは倒したいフォロワーを明確に想像できる場合にのみキープします。

ドラゴンには強力なフォロワーが多いので、キープして腐ることはほとんど無いでしょう。

C_101024030

C_100514020

ドローソース

優先度が低めではありますが、これらのカードを残しても良いです。
何となくキープするのではなく、引いて欲しいカードが何なのかも考えておきましょう。

C_101424010

C_100614010

第10回シャドウバース初心者講座『手札交換を学ぼう@ VSコントロール編』

シャドウバース初心者講座:一覧

 - SV初心者講座