たった一言でレジェンドまで押し上げるアドバイス

      2016/04/23


僕は配信やYoutube、ツイッター、ブログのコメント、またはオフラインイベントなど、様々なところで何度も同じ質問を受け、同じ回答をしています。

それはたった一言のアドバイスなのですが、その言葉を聞いたことがきっかけで、詳しく数えてはいませんが10人以上がレジェンドランクにまで到達しています。

その質問は、こうです。

ランク4から先、なかなか勝てません。どうしたら良いですか?

この質問に対する僕の回答は、いつもこの言葉です。

フェイスに行くか、ミニオンとトレードするか、もう一度考えて下さい。

たったこれだけです。

ランク4にまで行ける人は、もうほとんど、レジェンドランクになるだけの力を持っています。
あとは勝率を上げるだけ。その勝率を上げるための言葉が、この「フェイス or トレード」なのです。

僕がこうアドバイスするのにも、理由があります。

僕がレジェンドランクになれなかった理由

それは、僕自身がフェイスに行かず「トレードをしすぎていたから」なんです。

当時、コンボドルイドを使っていたのですが、負けたくないという思いから守ることばかり考えていました。
それが、トレードです。しかし、トレードばかりしていても、相手の体力は一向に減りません。

ときには、フェイスを殴ることも必要なのです。しかし、ただ闇雲に殴るわけではありません。

フェイスに行くタイミングとは

1ターン後、2ターン後の盤面と相手ヒーローの体力がどうなっているのかを想像、計算しましょう。

そして、手札にあるカードで何点出せるのか、デッキに残っているどのカードを引けばリーサルになるのかを計算しましょう。特にコンボドルイドの場合、引いたターンに打点になるカードが多く入っていました。「このカードとこのカードと…あとこのカードを引いたら勝ち!」という考えのもと、フェイスにアタックします。

こうすることで、僕は勝ち数を増やし、レジェンドランクへ到達しました。

おわりに

ランク4から先にいけない!という人は、もう一度「この場面はミニオンを倒すのか?フェイスに行くのか?」を考えてみてください。意識するのと、しないのとでは、試合の見え方も変わってきます。レジェンドランクに到達してからも勝ち続けるために、2手、3手先を読む力を付けましょう。

まずは、相手の行動はともかく、自分が2ターン後、3ターン後に何をするのかを考えましょう。そして、3ターン後に相手ヒーローの体力が0になる計算であれば、行動に移しましょう。気がついたら、あなたはレジェンドランクに到達しているはずです。

※個人差はあると思います。参考までにお願いします。

 - レジェンドへの道, レベル3( ランク9~1 )