オリジナルデッキを完成させるための7つのステップ

      2016/05/03


※この記事はスタンダード実装後、書き直す予定です。

オリジナルデッキを完成させるための7つのステップ

ここではオリジナルのデッキを作る手助けと、コピーデッキの調整に役立つ知識が書かれている。

だが、話を始める前に、まず始めに言わなければならないことがある。

それは、半端なオリジナルデッキは、コピーデッキ以下だということだ。

あなたが「使っていて楽しいデッキ」を作るのであれば、気にすることはない。
だが、「ラダーで勝ち上がりたい」「大会で勝ちたい」という目的があるのであれば、
半端なオリジナルデッキにならないよう、しっかりとした軸のあるデッキを作る方法を知ってほしい。

オリジナルデッキを完成させるには、7つのステップが必要になる

  1. コンセプトを決める
  2. シナジーを考える
  3. 補助パーツを追加する(メタカードなど)
  4. マナカーブを整える
  5. テストプレイを10回
  6. Hearthpwnなどのデッキ情報サイトを見る
  7. 最終調整をする

1.コンセプトを決める

まず「どんな勝ち方をするデッキを作るか」ということを決める必要がある。

例.

  • 1ターン目からたくさんミニオンを並べて、盤面を支配して勝つ(Zoo、メックメイジのコンセプト)
  • マナ加速を利用して大きなミニオンを序盤から並べて勝つ(コンボドルイド、ランプドルイドのコンセプト)
  • 除去カードを多めに入れて、最後は大型ミニオンを出し続けて勝つ(コントロールウォリアーのコンセプト)

こんな風に、おおざっぱで良いので勝ち方を決めよう。
今回は、僕が大好きなコンボドルイドを例にあげる。

このデッキは、マナを加速させるカードが多く入っており、早期に大型ミニオンを出して相手ヒーローにダメージを与えていき、9マナがあれば自然の援軍+獰猛な咆哮の14点+αのコンボで勝つのが目的だ。

+αとなっているのは、盤面にミニオンが居た場合、その攻撃力分がプラスされるためだ。

 

まずは以下のカードが入る。

練気×2 野生の繁茂×2 ダーナサスの志願兵×2

card_254

card_1124

card_2782

―計6枚のマナ加速カード

自然の援軍×2 獰猛な咆哮×2

card_742

card_493

―計4枚のコンボカード

 

この10枚がこのデッキの軸となる。

2.シナジーを考える

シナジーとは、カード同士を組み合わせることによって効果を発揮し、1+1=3以上になるようなことを示す。

例)自然の援軍+獰猛な咆哮

このコンボだけでも14点だが、盤面にミニオンが居ると更にダメージが増える。

そのため、盤面に残りやすいミニオンをデッキに入れると良いだろう。

 

ナクスラーマスの亡霊×2 手動操縦のシュレッダー×2 ドクター・ブーム×1

card_1784

card_2064

card_2078

 

―計5枚のミニオン

ちなみにナクスラーマスの亡霊騎乗用ラプター刈入れゴーレムなどと入替えても良い。

card_2922

card_778

 

また、盤面にミニオンを残すためのカードとしてはこのミニオンも欠かせない。

ロウゼブ×1

card_1914

相手に全体除去スペルを使わせないという目的がある。
味方ミニオンを守り、次のターン、コンボで大ダメージを与えるという使い方が最も効果的な使い方だ。

 

そしてコンボデッキの強い味方といえば、このミニオンだ。

ソーリサン皇帝×1

card_2262

自然の援軍+獰猛な咆哮の2枚が手札にあれば7マナコンボになる。
加えて手札に2枚の獰猛な咆哮があれば、自然の援軍獰猛な咆哮獰猛な咆哮という9マナコンボが完成する。
場にミニオンが居なくても、22点のダメージを与えることが可能だ。

3.補助パーツを追加する

補助パーツというのは、除去スペルであったり、特定の相手に対して強いメタカードであったりと様々だ。

優秀な固有クラスカードもここで入れていこう。

自然の怒り×2 なぎ払い×2 木立の番人×2 爪のドルイド×2 知識の古代樹×2

card_836

card_64

card_601

card_692

木立の番人は沈黙としても使えるので、邪魔な挑発ミニオンや厄介な断末魔持ちミニオンに有効だ。

知識の古代樹は特に優秀で、ハースストーンのカードの中でも上から10枚に入るぐらい強力なカードだ。
7マナ5/5というステータスに加えて、2枚のカードをドローすることができる。
ドルイドは練気野生の繁茂など、盤面に影響しないカードを使って手札を減らすことになるので、
この2枚ドローの存在が大きくなっている。

card_920

次にメタカードを入れてみよう。例えばこんなカードが候補にあがる。

大物ハンター-攻撃力が7以上のミニオンを無条件に破壊できる。

ケザンのミスティック-秘策(シークレット)対策にはうってつけだ。

ハリソン・ジョーンズ-武器を破壊しつつ、ドローすることができる。コンボパーツを集めるのにも使えるぞ。

card_1657

card_2042

card_912

4.マナカーブを整える

デッキ全体のバランスを見てみよう。
中~後半は強いが、序盤に出せるミニオンが少なく、アグロデッキに対して弱い印象を受ける。

以下のカードを入れても良いだろう。

[生きている根] [エサゾンビ]

card_2792

card_1753

このデッキの軸は「マナ加速からの大型ミニオンの展開」だ。
4-6マナミニオンを入れて中盤戦を強化するのも悪くない。

候補カードは以下のようになる。

[野蛮な闘士] [アジュア・ドレイク] [シルヴァナス・ウィンドランナー]

card_2780

card_825

card_1721

5.テストプレイを10回

これでデッキは完成だ。実際にこのデッキを使って10回対戦してみよう。

どのデッキと戦い、どのようにして勝った(負けた)かを記録するのを忘れずに。

参考記事:ハースストーン練習法@感想戦

6.Hearthpwnを見る

Hearthpwnとは、海外のWEBサイトだ。
ハースストーンのデッキを検索したいときは、大抵の場合このサイトを見ることになる。

ここで似たようなコンセプトのデッキを探すことになるわけだ。なぜ、テストプレイを10回行ってからHearthpwnを見るのかというと、あなたはすでにそのデッキの経験と知識を持っている。先駆者たちが入れたカードの意味を理解することができるだろう。

また、自分では気がつくことができなかったアイデアやシナジーを見ることになる。そのときに得られる「その手があったか!」という驚きは、あなたのデッキビルダーとしてのセンスを磨くことになるだろう。

 

7.最終調整をする

ここまで来たら、最終調整だ。新たにシナジーがあるカードを入れるもよし、特定のデッキに弱いとわかったのであれば、そのデッキに対するメタカードを入れるのも良し。自分好みのデッキに仕上げよう!

以上が、オリジナルデッキを作る7つのステップとなる。
今後はスタンダードが実装され、今まで使っていたデッキが使えなくなるだろう。
そのとき、新しいデッキを作り、さらに環境まで支配するのは、あなたかもしれない。

 - レジェンドへの道, レベル2(ランク14~10)